マイホームプラン♪間取り図を見てみよう!書いてみよう!

マイホームの間取りプランを考える人必見!間取り図集と間取り図の書き方を集めました。平屋の間取り図や、二世帯住宅の間取り図・3階建ても。

sponsored link

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

sponsored link


インテリア計画②プライベート(私的)なスペース

[マイホームの間取り]インテリア計画 ] 

マイホームの間取りは、大きくわけてパブリック(公的)なスペースとプライベート(私的)なスペースに分けることができます。この二つのインテリアの特性を考えて、間取りプランに生かして見ましょう。

プライベート(私的)なスペースは、間取りの中でも最も私的な生活空間で、個人的な生活空間です。間取り図の中でも最も独立性が求められ、他の部屋から分離されたスペースでもあります。夫婦寝室や老人室、子供室などがプライベートスペースにあたります。

夫婦寝室は、中でも最も独立性が求められ、プライバシーの確保が求められる部屋です。また、心地よい安眠・休息が求められる場所でもあります。
その他、夫と妻それぞれの個人的な生活空間になることもあります。化粧をしたり、着替えをしたり、簡単な書き物をするなどのスペースや設備も必要です。こういったことを踏まえ、インテリア計画をしてみましょう。イス座にするか、床座にするかなども考えてみるといいですね。

老人室は、核家族化から高齢化社会の到来により増加しつつある2世帯住宅などの生活スタイルにおいて再び増加傾向にあります。
一般に「老人室」という場合は、単身の高齢者の部屋を指します。また、そこが小さな住居としての生活機能を果たさなければいけない場合、また、病気・怪我などで日常生活機能に支障がある場合も快適に生活できることなどを考慮しなければいけません。以上のようなことを考え、インテリア計画をしてみましょう。

子供室は、子供の成長につれ、使い方に変化が生じることを考えてみましょう。この部屋は、眠る場所であり、なおかつ学習する場所であるという特徴があります。さらには、社会人として、人間として子供が成長していくスペースとして計画していく必要があります。
子供が何人いるのか、これから生まれる子供の予定などによって部屋数も変わってきますから、間取りをプランする際に考えてみましょう。
08:35 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

sponsored link




| このページの先頭へ |

マイホーム間取り・NEW記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。