マイホームプラン♪間取り図を見てみよう!書いてみよう!

マイホームの間取りプランを考える人必見!間取り図集と間取り図の書き方を集めました。平屋の間取り図や、二世帯住宅の間取り図・3階建ても。

sponsored link

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

sponsored link


マイホームプランのための間取り図記号!

[間取りの見方]間取り記号 ] 

マイホームの間取り図を考えるときには間取り図の記号の意味を知っておいたほうがいいでしょう。マイホームの間取りを考えてみたけれど、この部屋はどういう用途の部屋?キッチンはどれだっけ?など、後から見たときや、ほかの人に説明するときにわかるように、部屋の名前を記号で表すことができます。これは間取り図の記号の中でも基本中の基本なのでぜひ覚えておきましょう。不動産屋さんの折り込みチラシなどでもよく目にする間取り図記号です。

L → リビング
D → ダイニング
K → キッチン
S → サービスルーム
P.S → パイプスペース
UB → ユニットバス
MB → メーターボックス


住宅の間取りで、1K、2DK、3LDKなどというのが一般的に聞く表し方ですが、上の表のとおり、Kとは台所のため、1Kとは1部屋とキッチンという意味になります。DKとは、キッチンに加え、食卓と椅子を置く広さのあるスペース、いわゆるダイニングルームのことなので、2DKとは2部屋とDKという意味です。LDKとは、DKにさらに、リビング(居間)となるソファーや家具を置く広さのあるスペースのことで、3LDKとは3部屋とLDKという意味です。

S(サービスルーム)というのは納戸(なんど)、いわゆる収納スペースのことで、通常は3帖以下の部屋や、窓のない部屋のことを表します。建築基準法では窓のない部屋を居室とは認定しないという決まりになっています。そのため、広さが8帖以上あっても窓がないためにサービスルーム扱いになる部屋もあります。

20:52 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

sponsored link




| このページの先頭へ |

マイホーム間取り・NEW記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。